エア断の大阪モデルハウスを体感してきました

エア断大阪モデルハウス体感してきました! エア断モデルハウス

エア断モデルハウスを見学なさった皆様の、驚きと感嘆のお声をリアルにお伝えします。

家づくりのプロが大阪モデルハウスを見学

2023年1月12日。家づくりのプロ、4名の方々を大阪モデルハウスにご案内しました。
この日は外気温度3.9℃と、とても寒い日でした。

外部に排気口がない

まず最初に、外部に全く排気口が無い事を説明しました。
「排気は全て通気層になります。
キッチン、ユニットバス、トイレ、全ての換気扇が、 通気層に排出されます。だから、とても外観がシンプル、そして、この通気層排出が、サイディングの“藻”の発生を抑制します」

A様「サイディングが放射冷却しないから、結露しないって事だよね」
「そうです、よくご存知ですね」
A様「排気口が無いと、スッキリするなぁ」
B様「デザインだけ見たら、こっち一択ですね。」

エアコン1台で家中暖かい

エア断の家は玄関から暖かいです。
スリッパを脱いで、確認してもらい、まったく底冷えがないことを実感されたようです。

エアコンの設定温度は23℃で、稼働しているのは1台のみです。
ランドリールーム23℃、浴室も20℃あります。

2階にも上がっていただきましたが、階段から暖かく、驚かれたようでした。

前述したとおり、この日の外気温は3.9℃です。
約40坪の広さの大阪モデルハウスを暖めてるのは、1階のエアコン1台のみです。

そして、「回避不可能の、底冷え」がどこにも発生していない。

底冷えしない理由

なぜこんなに暖かいのでしょうか?

それは、通気層に流した空気の対流で外部の冷気を遮断しているから。
また、冷たい空気を吸い出すことで、コールドドラフト現象を回避しているから。

そして、ジェル断の効果もあります。

床下の温度

こちらが大阪モデルハウスの床下温度です。
外気温が氷点下まで下がっても、床下には14℃の熱があることが分かります。

大阪モデルハウス1月の床下温度
エア断大阪モデルハウス2023年1月12日の床下温度

この温度が、基礎下の地盤に眠っているワケなので、基礎断熱をせず、この熱を利用しない手はありませんよね。

天井裏の温度

こちらが、このAir断大阪モデルハウスの、天井断熱材ジェル断下の温度です。
16℃でほぼ一定です。

外気温度が氷点下近くに下がっても、15℃以下に下がる事が無いんです。これはジェル断の効果だと思います。

ジェル断の威力
ジェル断で暖かさキープ

ここ大阪モデルハウスの2階が暖かいのは、ジェル断の効果が大きいと判断しています。」

そしてアルミサッシなのに一度も結露したことがありません

ご見学いただいた家づくりのプロの皆様も、エア断の暖かさに驚き、導入を考え始めてくださったようです。

一般のお客様のモデルハウス見学も受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

エア断にご興味をいただけましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせは
こちら

Zoomでの相談は
こちら

コメント