【エア断モデルハウス検証】石油ストーブ1台で家じゅうポカポカ

エア断モデルハウス

2月の極寒北海道、2階建の一軒家。反射式の17畳用石油ストーブ1台のみで、家中20℃以上の室温をキープ。結露もありません!信じられますか?この動画をぜひご覧ください。

2023年3月『極寒の北海道!17畳用石油ストーブ1台でどこまであたたまるか?』を検証した結果が衝撃でした!

真冬の北海道

こちらの実験は、エア断北海道モデルハウスで行いました。

2023年2月。外気はマイナス4.3℃。エア断北海道モデルハウスは、2階建ての一軒家の作りです。屋内のエアコンは全て停止し、石油ストーブ1台だけが稼働している状態です。

【エア断モデルハウス検証】石油ストーブ1台で家じゅうポカポカ
石油ストーブ1台のみ

室内の温度を確認してみると。。。
建物の1階の玄関温度は20.3℃でした。

リビングには、唯一の暖房器具である17畳用の石油ストーブが稼働しています。エアコンは検証のため停止中です。その状態でリビングの温度は24.2℃でした。

同じく1階のランドリールームは23.6℃。浴室内部は21.8℃です。

続いて2階の温度検証です。
2階の寝室は北側で一番温度が下がりやすいのですが、それでも22.5℃と20度以上の室温をキープしていました。

2階の納戸は23.6℃
最後に2階の主寝室。リビングのストーブから一番離れた部屋になりますが、22.4℃!!

なんと、全ての部屋で20℃以上の室温をキープしていました。さらに、うれしいのは、屋内のどこを見ても、1滴の結露もありませんでした。

【エア断モデルハウス検証】石油ストーブ1台で家じゅうポカポカ
全ての部屋が暖かい!!

エア断の凄さ

2月の北海道と言えば極寒。外気温マイナス4.3℃の状態でも、石油ストーブ1台で2階建一軒家の屋内を全てあたため、結露もしない。これが「エア断」のパワーです!!

エア断にご興味をいただけましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせは
こちら

Zoomでの相談は
こちら

コメント